m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

辛島文雄 病気 演奏動画 プロフィールについて

辛島文雄(からしまふみお) 病気 演奏動画 プロフィールについて書いてみました。辛島文雄(からしまふみお)さんは、1980年代に、親日家として有名な、アメリカの天才ジャズドラマー、エルビン・ジョーンズのグループに参加し、国際的な評価を得た日本のジャズピアニストです。

 

日本を代表する天才ジャズピアニスト、辛島文雄さん死去 病気闘病中も演奏

 

辛島文雄(からしまふみお)のプロフィール

f:id:mro74277:20170225151127p:plain

名前:辛島文雄(からしま ふみお)

出身地:大分県 大分市

生年月日: 1948年3月9日 (68歳)

レーベル: Trio Records(トリオレコード)

アルバム: HOT ISLAND(ホットアイランド)、 MOONFLOWER、 ELEGANT

EVENING

 

 

 

お父さんが大分大学の音楽教授で、3歳の頃からクラシックを始めます。兄弟にはお兄さんがいてクラシックピアニストの辛島輝治さんです。

 

辛島文雄(からしま ふみお)経歴

 

高校を卒業後、九州大学へ進学、大学在学中から演奏活動を開始します。ジョージ大塚さんのグループやエルビン・ジョーンズ、日野元彦さん、トニー・ウィリアムス、ジャック・ディジョネットとも共演します。

この中でも、アメリカの天才ジャズドラマーと言われているエルビン・ジョーンズさんとは1978年〜1980年の6年間に渡り、“エルビン・ジョーンズ=ジャズマシーン”に参加しています。

2015年に膵臓がんがわかりますが、治療を続けながら、ライブ活動を続け、最近の2017年2月14日には東京の“新宿ピットイン”でライブ出演

をされていました。

 


辛島文雄(からしまふみお)さんの病気について

 

 

辛島文雄(からしまふみお)さんは膵臓がんに侵されていたようです。病気がわかったのは2015年の秋頃の事。

病気がわかってからも、治療を続けながら演奏活動をされており、

辛島文雄さんは2017年2月14日、東京の“新宿ピットイン”でライブ演奏を行っていました。

 

 

3月にもまだライブよ予定があったのですが、まさかこんなに早くこのような事になる事は予想していなかったと思います。

 

 

辛島文雄さんの演奏

 

曲の出だしはピアノの学校にチャイムのようなメロディーから始まり、なめらかなトランペットが曲を引率していきやがて、ドラムのソロ、そこに辛島文雄さんのアドリブピアノが加わり、楽器の心地よいブレンド開始されます。

 

 

そこにベースも加わりさらにアドリブが盛り上がり、ピアノとベースのブレンドされた音が心地よく盛り上げていきます。

 

辛島文雄さんの一音だけの、正確で素早い連打が特に素晴らしく、この曲一つ聴くだけでも辛島文雄さんがどれだけ素晴らしい天才JAZZピアニストであるかが良く判ると思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Gp5LDSvLRrQ

 

 

最後に、辛島文雄さんのご冥福を心よりお祈り致します。