m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

アイフォン7背面の刻印に賛否両論!今後の対策は?

アップルの新型スマホ・アイフォン7の背面に「総務省指定」の文字 が刻印されていますがこれが今話題になっています。

 「総務省指定」の刻印とは?

9月16日に販売が開始された、アイフォン7・アイフォン 7Plusですが本体背面に刻印されている文字が今話題になっています。 「iPhone」の文字の下に小さく「総務省指定」と文字が入っています。iPhoneに漢字?これは一体なぜ!?正確には、アイフォン 7の場合は「Model A1779 総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」・アイフォン7 Plusの場合は「Model A1785 総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号」と書かれており この刻印が入っているのは、日本国内販売向けのiPhone7・iPhone 7 Plusのみとなっています。この、日本国内販売向けアイフォン7・アイフォン 7 Plusそれぞれの本体に突然現れた「Model A1779 総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」(アイフォン 7 )・「Model A1785 総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号」(アイフォン 7 Plus)の文字に「ダサい」という声もあれば、「かっこいい」という声もあり、賛否両論となっています。

なぜこのような刻印が入ったのでしょうか?

 

10KHz以上の高周波電流を利用する機器は周囲の無線設備を妨害する可能性があるため、日本では総務大臣から個別に許可を取らなければ使えないよう、 電波法や省令「電波法施行規則」で定められています。アイフォン7・アイフォン 7 Plusは今回から「Suica」の利用が可能になります。「Suica」を利用できる機能が搭載された「アイフォン7・アイフォン 7 Plus」は10KHz以上の高周波電流を利用する機器にあたり、日本の法律では、「10KHz以上の高周波電流を利用する機器については、周囲の無線設備を妨害する可能性があるため、総務大臣から個別に許可を取らないと使用がでない」 と電波法や省令「電波法施行規則」で定められています。この電波法にそのままのっとていくと、アイフォン7・アイフォン 7 Plusの購入者はまずそれぞれ個別に総務大臣にスマートフォン使用の申請許可を取らないと利用ができないことになります。しかし「Suica」など「誘導式読み書き通信設備」など一部の対象製品については、総務大臣から認可を受け「総務省指定」の刻印を機器本体に印字し「型式指定」を受ければ個別に許可を取る必要はありません。 「型式指定」を受けた製品は、「総務省指定第○号」と書くか、「総務省指定 MIC/KS」か、いずれかひとつを本体に表記しなければならず、今回アイフォン7・アイフォン 7 Plus本体に刻印された文字、「Model A1779 総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」(アイフォン 7 )「Model A1785 総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号」(アイフォン 7 Plus)となりました。

 今後の対策については?

総務省の高市早苗総務大臣は、20日の閣議後の記者会見においてアイフォン7・アイフォン 7 Plusの背面に刻印されている「総務省指定」の表示が話題になっていますが?との記者からの質問に、「電波法に基づく表示です。何ら問題のあるものではありません」とした上で、「スマートフォンの画面で表示できる制度の導入について、現在検討中です」とコメントしました。今後は技適マークなどと同様に、スマートフォンの画面の中に表示する電子的表示に対応させる方向で検討中であるとのことです。

 まとめ

アイフォン7・アイフォン 7 Plusは、「Suica」などを読み込む為の機能、FeliCa(フェリカ)チップの搭載に合わせて、ほかのFeliCa(フェリカ)チップ搭載のカードなどをも読み書きできるリーダーライター機能も搭載されています。FeliCa(フェリカ)などのリーダーライター装置は、電波法では高周波電流の「誘導式読み書き通信設備」にあたり、個別に総務大臣の設置許可が必要ですが、他の無線通信への影響が少ない設備については、条件を満たすか、一定の出力を超える仕様でもあらかじめ技術基準に適合していることの指定(型式指定)を受ければ、個別の許可は不要になっています。このうち、型式指定を受けた際に必要となる表示が「総務省指定」の刻印と指定番号で、現在日本の電波法では「設備(今回はアイフォン)の表面の見やすい箇所」に表示する必要があり、現時点ではまだ電子的表示が認められていないため本体背面に形式指定番号、アイフォン7が「第EC-16007号」、アイフォン7 Plusは「第EC-16006号」の形式指定表示を刻印させる形になっています。リーダーライター機能が「誘導式読み書き通信設備」であっても、3mの距離における電界強度が500μV/m以下であれば型式指定の取得や表示は不要であるのですが、アイフォン7・アイフォン 7 Plusは仕様上、型式指定が必要な出力になっています。しかし一方で、携帯電話やスマートフォンには必須の「技術基準適合証明」の表示(技適マーク)については、画面内に表示する電子的表示が認められ、すでに対応が進んでいます。2016年7月15日に総務省が公表した「電波政策2020懇談会 報告書」では、FeliCa(フェリカ)などのリーダーライターに必要な型式指定表示の世界的な潮流を鑑みて、電子的表示を認めるよう条件を緩和すべきではないかと、制度の見直しが提言されています。