m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

代表取締役 恵藤憲二 について

代表取締役 恵藤憲二(えとうけんじ) について書いてみました。 恵藤憲二(えとうけんじ)さんは、「EMODA(エモダ)」や「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」などの女性向けファッションブランドブランドを展開する服飾会社「MARK STYLER マークスライター」の創業者として有名なかたです。

 

恵藤憲二(えとうけんじ)は吉本元芸人のなかでナンバー1の転職成功者!

 

恵藤憲二 プロフィール


本名:恵藤憲二(えとうけんじ)

生年月日:1966年11月26日

年齢:51歳(2017年1月現在)

経歴:大阪府

 

 

 経 歴

高校卒業後、19歳でラーメン店を起業する一方で、吉本興業のお笑い芸人養成学校であるNSC(吉本総合芸能学院)に通い、そこで雨上がり決死隊の宮迫さんとコンビを組んでいたそうです。

 

しかし、経営の才覚があった恵藤憲二(えとうけんじ)さんは、芸人をすぐに辞めて事業に専念することになります。最初のラーメン店に始まった事業は、雑貨の並行輸入や飲食と広げ、これまでの努力のかいあって水商売の世界にまで花開いてきます。

 

 

 

1990年代初頭から、大阪でキャバクラ経営を始め、次々と店舗を拡大。2000年代前半には、関西だけでなく関東、中国、北陸、四国などで約100店舗を運営し、年商300億円もあったそうです。
“日本一のキャバクラ王”となったA氏は、そこで止まらずその後、有名グラドルも在籍した芸能事務所、女性向けのアパレルブランドを立ち上げます。

 

とくにアパレルブランドの売上高は370億円(2014年3月期)にも達し、“アパレルの新星”ともてはやされました。現在、恵藤憲二(えとうけんじ)さんこれらの事業を手放し、巨額の売却益を得て、悠々自適な生活を送っているようです」(経済ジャーナリスト)

 

他サイトによると、芸人とラーメン店の二足のわらじをやめたのは、親から1億円の借金があることを聞かされたからとか。有名グラドルも在籍した芸能事務所というのは、今野杏南さんなどが所属する『ヴィズミック』、“アパレルの新星”ともてはやされたというアパレルブランドは、『MARK STYLER(マークスタイラー)』というブランドだそうです。