m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

本波 幸一(ほんなみ こういち)のプロフィールと釣士(武士)としてのスタイル等について

本波 幸一(ほんなみ こういち)さんのプロフィールと釣士としてのスタイル等について書いてみました。

本波 幸一(ほんなみ こういち)さんは、淡水の大物だけを追い続け、武士道の精神にそって静かに川へ立ち、そして真剣勝負の如く魚と対峙するスタイルから自らを“釣り士”と名乗ります。2016年12月18日放送の「情熱大陸」に出演されます。

 

日本最強の釣り士・本波幸一(ほんなみ こういち)

 

本波 幸一(ほんなみ こういち)のプロフィール

 

f:id:mro74277:20161217114223p:plain


名前:本波 幸一(ほんなみ こういち)
生年月日:1959年(57歳)
出身:岩手県の浜辺の街の漁師の家に生まれる
在住:岩手県
学歴:水産高校卒業
前職:国鉄(現在のJR)~44歳で早期退職
家族:本人以外のプライベート情報なし

 

現在


現在世界的釣具メーカーである『ダイワ』釣り具のフィールドテスターとして、釣具製品を実際に使用して、その製品に関する改良点や使いやすさなどをモニタリングし、自信のこれまでの経験も交え様々なデータを釣具メーカーに報告する仕事務めながら、

 

岩手県と北海道をフィールドとして「トラウトフィッシング」に打ち込む日々を送っておられます。また本波 幸一(ほんなみ こういち)さんご自身が開発・販売されているハンドメイド釣り具「『ホンナミ・スピリッツ』は日本のみならず、海外からも注文が来るほどの超人気になっています。

 

日本最強の釣り士・本波幸一のスタイル

 

イトウ・サクラマス・アメマスの大物を追い続ける本波幸一は、“釣り士”と名乗る!

 

本波幸一さんは、岩手県の浜辺の街の漁師の家に生まれた方ですが、武士道の精神をまとい、釣りの最中は口数の少ない寡黙(かもく)に徹するほんものの釣り士(武士)。

 


彼のスタイルは、魚と川を観察することから、釣りが始まります。魚の生態を理解し、川と自然を熟知し、そして魚と向き合う道具、竿とルアーは全て自分で手がけ作ります。

 

 

毎年、イトウを釣るために初夏と晩秋に北海道にやって来るそうで、夜明け前、川面に立ち、雨が降ろうが、強風が吹こうが、暑くても寒さに凍えようが、50秒サイクルの正確無比なキャスト(イトウ・サクラマス・アメマス)を日暮れまで続けます。

 

 

90㌢大を越える大物のイトウがヒットしても冷静沈着に竿を操ることができ、イトウが暴れ、大きな波飛沫をたてることもほとんどありません。瞬く間くイトウを岸に寄せ、しかもイトウに触ることなく、居合抜きのような早業でルアーの針を外します。まさに超一流の武士。

 


本波幸一さんが表情を変えるのは釣ったイトウをリリースした時、流れの中へ姿を消すときだそうで大物を釣った喜びなのか、イトウが元気に川へ戻った喜びなのか、なんともいえない笑顔を浮かべるそうです。

 

ある時、本波幸一さんと親しいある写真家が3年間の南極通いから北海道に戻り、彼がいる川を訪ねた時のこと、

 


「申し訳ない。撮影時間は30分しかありません。大物を釣って下さい」と親しい写真家がリクエストします。

 


久しぶりの再開にひとしきり近況を語り合った後、本波幸一さんは、いつもの川面を見つめる冷静な表情に戻り竿を振りました。その一投目、112㌢のイトウがヒット。本波幸一さん、自己最高サイズだったそうです。そしてリリース・・・。

 


まとめ

本波幸一さんの目標は、130㌢のイトウを釣ることだそうで北海道の川には、まちがいなく130センチを超えるモンスター級のイトウがいるとのこと。日本最強、武士のような釣り士、本波幸一さん。彼なら、きっと130㌢級のイトウを釣ることでしょう。