m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

iSC細胞とは?

iSC細胞とは?についてかいてみました。iSC細胞は、傷害により失われた組織やその機能を再び甦らせることができる可能性をもっているといわれています。

 

脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見!

多能性をもつ「iSC細胞とは、どのような細胞?

iSC細胞とは、血誘導性多能性幹細胞:iSC(ischemia-induced multipotent stem cells)の略です。

 

脳の血管が詰まり脳の神経細胞が死んでしまう病気である脳梗塞などでは、脳の組織を養うために必要な血液が回らなくなると、脳機能が傷害にさらされ脳の神経細胞は死んでしまいます。また、後遺症が出ることも多い病気です。

 

その死んでしまった組織の中に神経細胞を作る細胞があることを、兵庫医科大学 先端医学研究所 神経再生研究部門 「松山知弘」教授と「中込隆之」准教授のグループが2009年、マウスの実験で発見しました。

 

また、2015年には血管のまわりにある周囲の細胞が、脳の神経細胞が死んでしまうという脳の一大事を受け、そのまま死んでしまうことを回避する為に新たな神経細胞などに変化できる「多能性」を獲得しているということもわかりました。

 

そしてそれを取り出し、培養して移植することで、脳梗塞で死んでしまった脳の神経細胞を再生させることができるかもしれないということを2015年年に発見、研究を始めたのです。

 

これまでの医学会では、死んでしまった神経細胞は絶対に再生しないというのが定説でしたが、このiSC細胞の発見はこの定説を覆す発見で、兵庫医科大学 先端医学研究所 神経再生研究部門 「松山知弘」教授と「中込隆之」准教授のグループは「今後2年余りで、臨床試験の前段階まで持っていきたい」と話しているそうです。

 

 

多能性幹細胞といえば、あなたは何を思いうかべるでしょうか?

 

これまで、体のさまざまな細胞を作れる細胞といえば、「iPS細胞」が有名ですが、それに比べると今回発見されたiSC細胞は多能性が低いと考えられるそうですが、しかしiPS細胞」と大きく違う点が一点あり、

 

それは、iSC細胞は自分の体内で自然に生まれる事だそうです。兵庫医科大学 先端医学研究所 神経再生研究部門 「松山知弘」教授と「中込隆之」准教授のグループ重症の脳梗塞を起こしたヒトの脳でも存在を確認し、「iSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)」と名付けました。

 

今後はこのメカニズムを活用して脳細胞を再生させることができるようになるかもしれないと期待を集めています。