m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

上皇とは? について

上皇(じょうこう)とは? について書いてみました。上皇(じょうこう)とは、天皇の呼びかたのひとつにあたり、天皇は歴史上、多く存在していますが、ときに天皇の呼び名が異なるときがあるようです。

 

天皇の呼び名は、天皇(てんのう)・上皇(じょうこう)・法皇(ほうおう)と、異なるときがある


歴史上、天皇は多く存在していますが、ときに天皇(てんのう)の呼び名が異なるときがあります。天皇(てんのう)と呼ばれたり、上皇(じょうこう)と呼ばれたり、法皇(ほうおう)と呼ばれたり、そのときの時代や背景により今までとは違う呼び名で呼ばれたりしています。

 

天皇の呼び名、天皇(てんのう)・上皇(じょうこう)・法皇(ほうおう)についての違い

 

天皇(てんのう)

「天皇(てんのう)」の呼び名については、昭和天皇、明治天皇といった具合に、通常の天皇につけられる呼称(こしょう)といわれています。ただここで気を付けなければいけない事が1つあります。それは、

 

例えば『昭和天皇』であれば『昭和』、『明治天皇』であれば『明治』などの呼び方で、それはその天皇が崩御(ほうぎょ)、お亡くなりになられてからその天皇陛下だった方に送られる称号ということになります。

 

つまり現在の天皇陛下のことを現時点で『平成天皇』とお呼びするのは正しい呼び方ではなく誤りになります。 また現在の天皇を指す意味で、今上天皇(きんじょうてんのう)と呼ぶこともあるようです。

 

 

上皇(じょうこう)


上皇(じょうこう)とは、太上天皇(だいじょうてんのう)の略で、太上天皇(だいじょうてんのう)とは、天皇陛下という皇位を後継者に譲りわたす、譲位(じょうい)することにより、

 

いわば譲位(じょうい)元の天皇陛下に贈られる新しい尊号のことで、または、その尊号を受けた天皇のことを言います。上皇(じょうこう)と略することが多いようです。

 


この呼び名は 中国の皇帝が位を退くと「太上皇(たいじょうこう)」と、尊称(尊び敬う気持を表すために使う呼び名)されたことに由来されているそうで、出家した上皇(じょうこう)を、太上法皇(だじょうほうおう)と称しています。

 


また、太上天皇(だいじょうてんのう)のことを「院」と呼ぶこともあり、平安・鎌倉時代にあった「院政」とは、この呼名からきています。制度上、世俗に在る上皇(じょうこう)と、仏門に在る法皇(ほうおう)の間に、身位の違いはなく、法皇(ほうおう)の称号は平安時代の宇多天皇(うだてんのう)が初めて使いました。

 

平安時代には白河法皇(しらかわ てんのう)、鳥羽法皇(とばてんのう)、後白河法皇(ごしらかわてんのう)などが法皇(ほうおう)として、落飾(らくしょく)つまり、髪(=飾)をそりおとして仏門にはいり院政を行っています。