m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

上皇とは?について・・譲位により天皇陛下に贈られる新しい尊号。しかし・・・

上皇とは?について・・譲位により天皇陛下に贈られる新しい尊号?しかし・・。について書いてみました。上皇(じょうこう)とは、天皇陛下が『生前退位』により、皇位を皇太子さまにお譲りなる場合、新しく天皇陛下に贈られる尊号になります。


上皇(じょうこう)


上皇(じょうこう)とは、太上天皇(だいじょうてんのう)の略で、天皇陛下が「生前退位」により皇位を後継者である皇太子殿下に譲りわたした場合、太上天皇(だいじょうてんのう)、すなわち上皇(じょうこう)とお呼びすることになるようです。

 

しかしここで、皇位を後継者に譲りわたすことを、譲位(じょうい)とは呼ばず「生前退位」と報道されたことについて、皇后さまは違和感を表明 されています。

 

 

「生前退位」は「歴史の書物にない表現」 皇后さま、違和感表明


本来の正しい呼び方は、譲位(じょうい)


2016年10月20日、皇后さまがお誕生日の談話を宮内庁を通じて発表したその中で、7月中旬に「天皇陛下が生前退位の意向を示された」と一斉に報道されたことについて、こう話されていました。

 

「新聞の一面に『生前退位』という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。」と述べ、NHKを含めたマスコミ各社の表現に違和感があったことを明らかにしています。

 

 

実際に、天皇陛下がその意向を関係各者に示されたときに使ったお言葉は「譲位」だったそうです。現在一部の報道機関では、産経新聞は「譲位」に用語変更、 朝日新聞も「生前退位」は不使用 のようです。

 

 

NHKは2016年7月13日午後7時のニュースで、「独自 天皇陛下『生前退位』の意向示される」と字幕をつけて第一報を流し、この後、主要各紙や放送各局も一斉に後追い報道しましたが、全てのメディアが「生前退位」という表現を使っていました。

 

ただ、「生前退位」という表現には、当初から疑問の声が一部の識者などから出ていたようで宮内庁関係者は「天皇陛下は生前退位という言葉を使われたことはない」と指摘していたとされています。

 

 

東京大学名誉教授の三谷太一郎氏は、天皇陛下が「譲位(じょうい)」というお言葉を使われたと、6年前に天皇陛下からご意向を聞いていましたと証言しています。

 

 

日本報道検証機構は、皇后さまの談話を受け、受け止めや「生前退位」という表現が適切だったかどうかについて、NHKをはじめ主要新聞各社に質問しました。

 

 

NHK広報部からは「国会の答弁等でも『生前退位』『退位』という言葉が使われており、視聴者に意味が伝わりやすいよう、この表現を使っています。ニュースの文脈に応じて、『譲位』という言葉も含め、適宜使い分けています」との回答があったそうですが今後も使い続ける方針かどうかは、明言しなかったとのことです。

 

一部引用:皇后さまのお誕生日の談話を伝えるNHKニュース(2016年10月20日)より

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161022-00063507/