m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

隠れ睡眠不足に注意!隠れ睡眠不足の人が増えています。

隠れ睡眠不足に注意です。隠れ睡眠不足の人が増えているようですがどのようなことなのか?まとめてみました。

あなたはの寝不足は大丈夫?実はいっぱいいる「隠れ睡眠不足」の原因と対策

「隠れ睡眠不足」って何?

そもそも、「隠れ睡眠不足」とは治療するほどではないものの、睡眠に対して少々問題があり、日常の生活にも影響が出ている不眠の状態をいい、それでいて睡眠が人の生活や健康においていかに大切であるかの認識が低い状態を表します。

日本は不眠大国!ともいわれており、実に20~40代の約8割もの人が「隠れ睡眠不足」に該当することがわかっています!

「私は睡眠に対して特になんの不満も心配もありません」というあなた。そんなあなたも安心はできません。自分の睡眠には全然問題はないと思うタイプの隠れ睡眠不足もあるのです。

不眠と不眠症は違う!あなたの寝不足は「隠れ睡眠不足」かも?

・眠りたいのに眠れない
・眠れないから眠らない
・寝る気がないから眠らない
・寝たつもりが眠れていない
これらはどれもみな不眠のしるしです。寝る気がなくて寝ないのも?と驚く人もいるかもしれませんが、そうなのです。

また

・多少睡眠時間が減っても平気

・休みの日に寝だめするから平気

・寝るよりも大切な緊急の用事があるから眠ってなんていられない

そんな生活を繰り返している人、そのせいで日中に眠気が残ってしまっている人はれっきとした「隠れ睡眠不足」です。

「隠れ睡眠不足」には5つのタイプ!あなたはどのタイプ?

隠れ睡眠不足」と言っても、人それぞれにタイプがあります。


1.「生活不規則」タイプ

忙しすぎて生活パターンが不規則になり、睡眠が削られているタイプ。生活に支障をきたすほどの影響は見られず、本人も睡眠不足が苦にならない。気づかないうちに脳が疲れていたり、身体機能のバランスを崩す恐れがあるタイプです。

2.「自分は大丈夫」タイプ

「寝なくても私は大丈夫」「寝る時間を惜しんで頑張らないと」など、無意識のうちに睡眠を犠牲にするタイプ。女性に多いタイプですが、本格的な「不眠症」に最も近い位置にある重度の隠れ睡眠不足」です。

3.「高ストレス」タイプ

一見、隠れ睡眠不足」に該当しないように見えながらも、実は睡眠の質や量が不十分で、さまざまなストレスが現れている可能性のある隠れ不眠。
イライラ・無気力・無感動など、十分な睡眠が得られず脳が疲れていることから、メンタル上の問題が出てきている可能性があります。「自分は大丈夫」タイプと同じく、本格的な「不眠症」に近い位置にある隠れ睡眠不足」です。

4.「眠りが浅い」タイプ

睡眠を軽視しているわけではなく、生活も乱れていないのに、眠りが浅いために十分な睡眠がとれていないタイプ。年配の方に多いですが、若くてもなんらかの原因で眠りの質に問題がある人が該当します。

5.「初期かくれ不眠」タイプ

生活に不調はそんなに感じていないけれど、先々本格的なかくれ不眠に発展するかもしれないタイプ。現時点では軽度な悩みですが、今後重症化する危険性がないとは言えないため、睡眠について見直しをはかるべきタイプ。男性に多いタイプです。

 

自分が「隠れ睡眠不足」かどうか、下記のサイトで簡単にチェックができます。
「かくれ不眠」チェックシート – かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
http://www.brainhealth.jp/suimin/checksheet/


不眠は百害あって一利なし!不眠がもたらす悪影響とは?

「ちょっと日中眠くなるだけ」とか、「たかが不眠」、と思っているあなた!

しかしその日中にやってくる眠気の状態は、睡眠の不足を埋めようと、「眠れ」「眠れ」と脳が体にジワリジワリと迫りつつある危険な状態から守るために指令を出しているのをご存知でしょうか?

睡眠不足は日々蓄積されていきます。これを「睡眠負債」と言いますが、負債が大きくなればなるほど、体も日々の修復作業が間に合わず内臓やお肌その他の体内器官ががジワリジワリとダメージを受けていきます。それに伴い脳の取り立て行為(「眠れ~眠れ~」指示!)も激しくなっていきます。

そうなると脳はまともに働きません。眠気による遅刻、欠勤、作業効率の低下、事故などは至るところで発生しています。不眠大国日本では、不眠に関連した経済損失が年間数兆円にも上ると言われています!

また、

太りやすくなる
お肌の調子が悪くなる
ストレスを感じやすくなる
イライラしやすく攻撃的になる
不安を感じやすくなる
無気力になる
集中力がなくなる
免疫力が低下する
高血圧・糖尿病などになりやすくなる
など、よくないことだらけです!

逆に言えば、十分な睡眠をとることができれば、毎日の生活は快適なものに!睡眠の大切さを理解して、自分の睡眠について見直しをはかってみてはいかがでしょうか。

睡眠の大切さを知り、この機会によりよい睡眠を得るための努力を意識してみるのもいいかもしれません!

隠れ睡眠不足」は放っておくと、本格的な不眠症に発展してしまう危険性があります。本格的な不眠症になる前に、身体の調子を崩すことも考えられます。

隠れ不眠チェックで不眠を自覚した人は、一日も早く自分の睡眠についての問題点を見つけるようにしたいものです。

まずは睡眠時間の十分な確保を!

眠りが浅いタイプの人は別として、たいていの隠れ睡眠不足」の人は、睡眠を軽視するあまり、日々の睡眠時間を削りすぎているのが一番の問題です。

睡眠がいかに大切か、不眠がいかに自分に不利益を与えるかを認識し、睡眠時間の確保に努めてみてください。

ただ、寝すぎることもまた身体によくないことがわかっています。25~45歳位であれば7時間前後の睡眠を目指して、日々の生活の見直しを行ってみてはいかがでしょうか? 

質のよい睡眠をとる試みを。ただ頑張りすぎは逆効果!

質のよい睡眠をとるための対策はいろいろとあります。

・夕食は就寝の2時間前までに済ます
・40℃前後のぬるめのお湯に30分くらいかけてゆっくり浸かる
・寝る少し前に部屋の照明を落とす
・寝室の部屋は暑すぎず寒すぎず、室温にも注意する
・自分に合った寝具を選ぶ
・寝る前にテレビ・パソコン・スマホなどは見ない
・日中、適度な運動をする
ただ、あれをしなければ、これをしなければ、と頑張りすぎると脳が興奮してしまい、かえって眠りの妨げになってしまうこともあります。

頑張り屋な人は特に、心も体もリラックスできるよう、禁止事項(パソコンやスマホを見ないなど)を中心に取り組んでみるのも一つの手かもしれません。


しっかり眠って美人に!よい眠りでよい明日を迎えましょう

美容・健康のためには質のよい睡眠が大事。あちこちで話題になり、百も承知なはずなのに、それでもまだまだ軽視されがちな睡眠です。

でも、睡眠が大切なことは貴女の脳が一番わかっています。睡眠が足りなければ日々、貴女に向かって信号を発しているはず。

最近、うっかりミスが多い人は要注意です。

「あれ?今何をしようとしてたんだっけ?」
「お皿を食器棚にしまうつもりが、冷蔵庫を開けてるし…」
「家の鍵、今かけたっけ?」

など、一瞬自分が何をしたかわからない状態になること、ありますよね?

こういうときは脳が居眠りをしています。脳は「もっと睡眠を!」「もっと休息を!」と訴えています。

まとめ

忙しいとバタバタと毎日が過ぎていき、脳の声も聞き逃しがちですが、その忙しさの半分は睡眠不足からくる作業効率の低下が招いている可能性もあります。

日々の自分の状態をしっかり把握して、一度睡眠についてじっくりと真剣に考えてみるのもいいかもしれません。