m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

競馬で4億円を申告せず脱税容疑 寝屋川市前課長告発

競馬で得た4億円を申告せず脱税容疑で、大阪府寝屋川市の前課長が大阪地検に告発され在宅起訴されるようです。

 告発にいたる経緯

大阪府寝屋川市固定資産税課の中道一成・前課長(46)は2012年と2014年に「WIN5」という日本中央競馬会が指定する5レースの1着馬すべてを当てるレースで得た払戻金の合計額約4億2970万円を申告せず、所得税6276万円を免れた疑いがあるといいます。「WIN5」の馬券は競馬新聞の記事などから予想を立て、インターネットで購入していました。これにより大阪国税局が所得税約6200万円を脱税したとして、所得税法違反の疑いで大阪地検に告発、告発を受け大阪地検は、、中道一成(46)大阪府寝屋川市固定資産税課前課長を在宅起訴するとみられ、中道前課長も容疑を認めているということです。

課税の内容

大阪国税局は、今回中道一成・前課長(46)が「WIN5」のレースで得た払戻金約4億2970万円を課税対象となる「一時所得」と認定。払戻金を得るのに直接かかった経費(当たり馬券代など)と、特別控除額(50万円)を差し引いた金額の半額にあたる約1億6314万円に課税した模様です。追徴税額は過少申告加算税を含め、約7200万円の見通しで、中道一成・前課長(46)は既に修正申告を済ませているといいます。寝屋川市によりますと、中道一成・前課長(46)は寝屋川市、人事室課長や税務室課長などを経て、今年2016年4月に固定資産税課長に着任していましたが、寝屋川市役所に大阪国税局の査察調査が入り、同月4月11日付で人事室付に異動になっていました。中道一成・前課長(46)は国税局の調査に対し「払戻金を申告しなければいけないと言うことはわかっていました」という趣旨の説明をしたとされ、また所有する不動産の収入については確定申告し、納税していました。競馬は「WIN5」が発売された2011年ごろから定期的に続けていたということです。

大阪国税局の見解

 

競馬で得た払戻金の課税をめぐっては、2015年3月に外れ馬券代を経費に認めるか争われた脱税事件の最高裁判決で、最高裁は馬券購入を機械的、網羅的、大規模に行い、客観的記録が残されていれば払戻金は雑所得に当たる場合があるとの初判断を示しています。雑所得は年間収入から外れ馬券代を含む全損失を経費として差し引くことができ、課税所得が減る場合があります。この判決を受け、国税庁は2015年5月、払戻金を一律で一時所得とした通達を改正し「営利目的の継続的行為から生じたもの」については雑所得とし、それ以外は一時所得に当たると定めました。中道一成・前課長(46)は競馬新聞を読み、予想に基づいて馬券を購入していたことから、一時所得に該当すると判断したとみられます。