m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

キングジョー 神戸港 について

キングジョー 神戸港について書いてみました。キングジョーは、特撮テレビ番組『ウルトラセブン』で初登場し、その後もキングジョー「ウルトラシリーズ」にたびたび登場する架空のロボット怪獣で別名は「宇宙ロボット」とも呼ばれています。

 

 

ウルトラセブンの「キングジョー」、神戸港の観光に一役!

 

『キングジョー』

ウルトラセブンに登場する『キングジョー』

f:id:mro74277:20170205154020p:plain

キングジョーは『ウルトラセブン』の第14話「ウルトラ警備隊西へ 前編」と第15話「ウルトラ警備隊西へ 後編」で初めて登場したロボット怪獣です。

 

【基本データ】

身長:55メートル

体重:4万8000トン

出身地:ペダン星

 

ペダン星人がウルトラセブンを倒し地球を制服するために、その化学力の粋を集めて作ったスーパーロボットで、10万トン級以上の船を簡単に持ち上げる強靭な腕力を誇り、両目のようなパーツから破壊光線を発射します。

 

 

宿敵ウルトラセブンのあらゆる攻撃を受け付けない頑強な合金装甲を持つうえにバリアー能力も持つため、ウルトラセブンも自力では倒せなかった。身体は4つに分離し、各パーツが飛行・潜水可能で空中や海底を移動し、光線を放って攻撃します。

 

 

独特の作動音を立て、その周囲には不気味な電子和音を響き渡らせ、頭部には電子ランプが発光しています。地球防衛軍防衛センターの砲撃も全く歯がたたず、ウルトラセブンとの初戦ではアイスラッガーやエメリウム光線をうけてもダメージはなく、

 

 

一時はセブンを失神状態に追い込みつつ、身体を倒されると起き上がれず再び分離して逃げ去ります。セブンとの再戦ではタンカーを軽々と振り回すパワーで圧倒するが、その間にアンヌ隊員の治療で記憶が戻ったドロシーの協力によって開発されたライトンR30爆弾をセブンに羽交い絞めにされた状態で受け、大破炎上、神戸港に沈みました。

 

 

初期の構想では、無数の部品が飛来してわけの分からないうちに合体し巨大ロボットになるというものだった様ですが、当時の特撮技術では表現が困難できず現在の形態となったようです。

 

元々は『キングジョー』という名称は存在せず、本編では「ペダン星人のロボット」と呼ばれていましたが1968年2月頃から、各媒体において「キングジョー」の名称が用いられるようになったらしいです。

 

 

キングジョー神戸港のシンボルに

半世紀前に神戸港で撮影された、「ウルトラセブン/第14・15話『ウルトラ警備隊西へ』」について、当時の映像を手掛かりに地元の市民団体が撮影場所を特定し、観光に生かす活動を進めています。

 

一部ファンに大人気の怪獣ロボット「キングジョー」が神戸港に沈んだ場所も推測し2018年1月の放映50年周年に合わせ、「神戸港のシンボルにしたい」と記念碑建立やゆかりの場所を巡るツアーなどが検討されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=NLZ8k9-qR7M&t=15s