m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

金スマ社交ダンス部、ロペス(岸英明)のプロフィール

「金スマ社交ダンス」企画で話題の、キンタローのパートナーであるロペス岸英明とは
いったいどういう人物なのでしょうか?お笑いコンビ「ぱいんはうす」で活躍し、さらにはベストボディジャパンと呼ばれる、健康的でかっこいい体を競う大会で入賞するなど多方面で活躍し注目を集めています。

ロペス(岸英明)さんのプロフィールについて調べてみました。

 岸 英明(通称:ロペス)のプロフィール

1987年2月14日生まれ、静岡県の藤枝市出身。

現在はお笑いコンビ「ぱいんはうす」として活動中。

社交ダンス(競技ダンス)では、学生時代に全日本学生競技ダンス選手権にて準優勝、関東大会優勝の経験をもつ。

現在はラテンアメリカンアマチュアA級。

その厳しい社交ダンスでのトレーニングで培った表現力や肉体はベストボディジャパン水戸大会でも3位を受賞する実力派!またブログやツイッターでは趣味のイラストを公開しており、個性的なタッチに病みつきになってしまっているファンも増えているといいます。

 

大学院を卒業した後、普通に就職活動を行い、NTT系列の某IT企業に就職します。しかし新人研修当時からずっと「なにかが違う」という違和を抱きながら3年間務めてあっさりと退職。次に何をするか?と考えたときにお笑い芸人の道を選びます。

社交ダンスを始めた理由については、周りに全くといっていいほど女の子がいなく、はじめたらカッコいいし女の子も回りに集まるかもしれないと思った。からだそうです。しかし真剣に取り組んでいる中、誰よりも最強になりたいと思うようになり、またその頃から社交ダンスが本当に心から好きになったといいます。

金スマでのキンタローの社交ダンス企画のオーディションについては知り合いの知り合いからたまたま話を聞き応募したのがきっかけだったとか。金スマでの「社交ダンス」企画は、お互い仕事のスケジュールがある中であったため練習はほとんど深夜に行われていました。