m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

飯田 祐馬 KANA-BOON 画像とプロフィールについて

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)KANA-BOON(カナブーン) 画像とプロフィールについて書いてみました。KANA-BOON(カナブーン)は、大阪府堺市出身の4人組ロックバンドで、飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんはベースを担当しています。

KANA-BOON 飯田 祐馬(めしだ ゆうま)不倫を告白、事務所に全てを明かす!

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)のプロフィール

f:id:mro74277:20170221053838p:plain

f:id:mro74277:20170221054314p:plain

芸名:飯田 祐馬(めしだ ゆうま)
本名:飯田 祐馬(いいだ ゆうま)
生年月日:1990年6月27日(26歳)
身長:165cm
体重:53kg
出身地:大阪府
特徴:蟹アレルギー・高所恐怖症
所属バンド:KANA-BOON(カナブーン)
デビュー:2009年~
メジャーデビュー:2013年9月
担当楽器:ベース、コーラス

 

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんの演奏スタイルは、基本的にはベースの弦をピックではじいて演奏するピッキング弾きですが、楽曲「talking/ナナヒツジ」(トーキング/ナナヒツジ)では指弾きも駆使し披露しています。

 

最も影響を受けたアーティストは、日本のロックバンド(BUMP OF CHICKEN バンプ オブ チキン)の直井由文(なおい よしふみ)さんだと言っています。

f:id:mro74277:20170221060419p:plain

KANA-BOON(カナブーン)のマスコットキャラクター『アサヒレン』。これは、飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんが考案したのですが、名前の元は、日本のロックバンド、『コンテンポラリーな生活』のリーダー朝日廉(あさひ れん )さんの名前からいただいたそうです。

 

KANA―BOON(カナブーン)は、 高校の同級生だった、ボーカル担当の谷口鮪(たにぐち まぐろ)さん、ギター担当の古賀隼斗(こが はやと)さん、ドラムス担当の小泉貴裕(こいずみ たかひろ)さんに、ベース担当の飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんを加えた4人組で構成されているロックバンド

 

バンド名である『KANA-BOON』はギター古賀さんが考えたそうで、結成当初バンド名を決める時、古賀さんのマイブームであったらしいことからバンド名には「ブーン」を入れる事になり、虫のカナブンとかけそれを英語表記にして、そしてなんとなく「KAT-TUN」と字面が似てるからという理由で中央にハイフンを入れ、『KANA-BOON』に決定したらしいです

 

 2012年に音楽オーディションでグランプリを受賞。2013年9月、シングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー

https://www.youtube.com/watch?v=n-BiB72thlM

 

メジャーではシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコンでの最高位はアルバムはメジャー1枚目のオリジナルアルバム「DOPPELドッペル」(2013年10月)の3位。

 

清水富美加との不倫を告白

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんは、宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)さんと過去に不倫関係にあったことを、所属事務所に報告したことが2月20日分かりました。


2月19日の新聞記事で報じられていた元交際相手のバンドマンというのは、「KANA―BOON(カナブーン)」の飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんのことだったのです。清水富美加さんは千眼美子名義で2月17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていたそうです。

 

所属事務所は『本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています』とコメントしています。

 

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんは、破局したとはいえ、清水富美加さんが仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家したいという行動に出たのは自分も一つの原因になったのかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かしたそうです。

 

飯田 祐馬(めしだ ゆうま)さんの所属事務所は『今後の活動などに関しては協議中』としており、近く対応を発表するそうです。

 

別のある音楽関係者は『本で清水富美加さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中では既に気持ちの整理はついており、処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは・・・」と話していたそうです。