m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

三菱商事 ローソンを子会社化へ検討か!

大手商社である三菱商事がローソンを子会社化する
方向で最終調整に入りました。

 

三菱商事 ローソンを子会社化へ!

三菱商事ローソンの株式を取得するため、
早ければ年内にもTOB・株式の公開買
い付けを実施する方向で最終調整に入ったようです。
三菱商事ローソンの株式の33.4%を保有する
筆頭株主ですが、今回のTOBで三菱商事

保有株を50%以上まで増やし
子会社化することを目指すようです。
投じる金額は1500億円前後。

今後は、三菱商事グループの総合力を結集し三菱商事
の世界的な調達網を生かしてローソンの商品の充実を
図るとともに海外への店舗展開も加速させ、店舗数で
業界3位となったローソンの競争力の強化も目指して
いく模様です。

 

三菱商事

三菱商事は、国内および海外約90カ国に200超の拠点を
持ち、約1,200社の連結対象会社と協働する最大の総合商社。
しかし2016年エネルギー資源価格の低迷から3月期の決算では
創業以来初めての赤字となりました。
これを打開するため資源以外の分野で収益力を向上させる
方針を打ち出しています。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/about/


ローソン

ローソンは、国内の店舗数が2016年8月末時点で
1万2606店舗と、誰もが知るコンビニ業界の大手。
昭和50年に当時のダイエー傘下のコンビニエンスストア
として誕生。しかしその後、ダイエーの経営悪化に伴って、
2000年、三菱商事が資本参加し、

現在は33.4%を
保有する筆頭株主になっています。
これまでローソンは「セブンーイレブン・ジャパン」に次いで
店舗数で2位でした。2016年9月1日に
「ファミリーマート」、「
サークルK」、「サンクス」を傘下に持つ
「ユニー・ファミリーマートホールディングス」
が誕生したことで
国内3位になっています。
ローソンも広島市に本社を置くポプラや、首都圏を地盤とする
スリーエフといった中堅のコンビニと資本業務提携し店舗の
共同開発に乗り出していますが、コンビニ業界の再編が進む中
競争力強化が課題になっていました。