m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

日本人は要注意! 乳がん検診に「高濃度」通知を 「異常なし」でも安心できず 

日本人は要注意! 日本人に多い乳ガン。高濃度乳房は、ガンを見落としやすいとして、全国32の代表や患者団体が、「乳がん検診の結果通知の方法を見直してほしい」との要望書を厚生労働省に提出しました。

乳腺密度が高いとエックス線でガンが見えにくい

NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク」の増田美加副理事長によると、日本人は乳腺の密度が高い、高濃度乳房の女性が多いといわれており、乳腺密度が高いとマンモグラフィー(乳房エックス線検査)によるエックス線だけではでガンが見えにくく、見おとしてしまう可能性が高いとされています。そこで、マンモグラフィー(乳房エックス線)によるエックス線検査と超音波検査を組み合わせることで乳がん検診の精度を現在よりもかなり高くできるといいます。しかし、多くの自治体では、受診者が高濃度乳房である事を通知しておらず、ほとんどの乳がん検診はマンモグラフィー(乳房エックス線)によるエックス線検査のみを行ってなっているのが現状です。

マンモグラフィーを毎年受けていたのに

 

患者団体の中には、「マンモグラフィーを毎年受けていたのに、進行した乳がんと診断されてしまった」との声も届くといいます。増田美加副理事長は「高濃度乳房と知らされていれば、マンモグラフィー(乳房エックス線)によるエックス線検査と超音波検査を組み合わせる検査により、精密検査を受け早期発見につながったかもしれない」と訴えます。

国は40歳以上の女性は、2年に1回のマンモグラフィー(乳房エックス線)によるエックス線検査を受けるよう推奨しています。

しかし、超音波検査はガンでないのにガンの疑いがあるとする「擬陽性」が多いとされており、死亡率を減らす効果がまだ認められていないとして、自治体の標準的な乳がん検診としては推奨されていません。

国立がん研究センターによると、近年、日本人全体にガンがとても多く、特に女性に多いガンの第1位が乳ガンで、患者も年々増加傾向にあります。最近ではフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)や元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんなどが、乳ガンで闘病中であることを公表するなど、若年層が乳ガンと診断される例が年々増えてきているといいます。

自身も乳ガンになった経験のある、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク」の増田美加副理事長は「乳ガン検診を受けていれば100%安心ではなく、全部が見つけられるわけではありません。だからこそ定期的に検査を受けてほしい」と訴えます。その上で、「マンモグラフィー(乳房エックス線)で『異常なし』との結果が返ってきたとしても、自分の乳房のタイプはどういうタイプなのかを聞いてください。もしも、高濃度乳房であったなら、擬陽性のリスクなどは理解したうえで、超音波検査も是非受けてほしい」と呼びかけています。

まとめ  

日本人全体にガンがとても多くなっている昨今、厚生労働省は以前から発表していますが、ガンは生活習慣病もそのひとつの原因としています。定期的な検査を受けると共に、自身の日常生活、食事、運動、ストレスなど、気になる方は食生活も見直していくこともガンにならない第一歩。通信網が発達し様々な情報を身近に手に入れることができます。ガンになってしまう前に、自身の身は自身で守るという頭の切り替えもこれから大切になっていくのではないでしょうか。