m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

phvとは ?プリウス について

phvとは ?プリウス について について書いてみました。phvとは、phv (plug-in hybrid vehicle/プラグインハイブリッド車) またはphev (plug-in hybrid electric vehicle/プラグイン電気自動車) と略されるプラグインハイブリッド式自動車の一種で、コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッドカーのことを言います。

 

トヨタ 新型 プリウスphv フルモデルチェンジ 2代目 プラグインハイブリッド2017年2月発売!

 

phv(プラグインハイブリッド)とは何の事?

 

f:id:mro74277:20170206144229p:plain

出典:http://www.toyota.co.jp/

 

最近よく耳にする、ハイブリッド車というのは、二つ以上の動力源で動く車の事で、一般的に言われるハイブリッドカーは、エンジンと、電力によるモーターで駆動する車の事をいいます。

 

プラグインハイブリッドがハイブリッドと違う点は、家庭用のコンセントから直接バッテリーに充電できる事です。電気のみでの走行距離が長く、ハイブリッドカーと完全な電気自動車(EV)の中間あたりに位置する車種です。

 

 

 

phvプラグインハイブリッドのメリット

 

1.燃費の良さ

ハイブリッドカーと共通のメリットとしては、燃費の良さが挙げられます。トヨタ・プリウスPHVの場合、ハイブリッド燃料消費率が31.6km/L、充電電力使用時走行(EV走行)距離が26.4kmです。

 

三菱・アウトランダーPHEVの場合、ハイブリッド燃料消費率が、20.2km/L、充電電力使用時走行距離が60.8kmです。ガソリンの値上がりが気になる昨今としては燃費の良さは重要なポイントだと思います。

 

2.走行距離

プラグインハイブリッド車は家庭で充電できる分、より多くのバッテリーを搭載しており、より長い走行距離を実現しています。ガソリン車と比べると一回の燃料補給でより長い距離を移動でき、ハイブリッド車と比べると電気走行できる距離が長くなっています。

 

3.環境性能

静かでクリーンな電気走行を長距離に渡って行えるため、ハイブリッド車よりもさらに高い環境性能を持っています。また、今なら環境対応車普及促進税制に基づき、自動車取得税や自動車重量税などが免税になる場合があります。

 

4.車で家電が使える!

家庭用のコンセントと同じAV100Vの電源が用意されており、車で通常の家電が使えます。外出先やアウトドア趣味でノートパソコンなどの家電を使いたい場合、特別なインバータなどがなくても気軽に利用できます。

phvプラグインハイブリッドのデメリット

1.充電設備の準備が必要

f:id:mro74277:20170206145616p:plain

出典:https://goo.gl/

 

家庭用のコンセントから充電できると言っても、PHV専用の配線とコンセントが必要になります。そのための工事費がかかり、集合住宅などでは充電設備の設置が難しい場合があります。

 

充電設備が設置できない場合は、ディーラーや宿泊施設、サービスエリアなどでの充電が可能です。全国の充電可能エリアを検索するスマホアプリも公開されています。

 

2.室内空間が一部犠牲に

多くのバッテリーを搭載するため、車内のスペースが犠牲になる場合があります。ハイブリッド車自体がガソリン車と比べてラゲッジスペースが狭くなったりする事がありますが、PHVはより顕著で、三菱アウトランダーの場合、ガソリン車の乗車定員が7名なのに対し、PHEV車は5名です。

 

3.価格の高さ

バッテリーの分、コストや重量がかさみ、車体価格も高めになっています。三菱アウトランダーの場合、ガソリン車が251万円~321万円なのに対し、phev車は359万円~459万円となっています。

 

プリウスphvの場合、ハイブリッド車が242万円~319万円なのに対し、phv車は
294万円~321万円となっています。プリウスのハイブリッド車は4代目の最新モデルであり、3代目ベースのphvはやや割高感があります。