m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

ソフトバンク スマホ向けデータプラン大容量を値下げか?20ギガは月6000円に!

ソフトバンクが、スマホ向け大容量データプランの値下を発表しました。

 

 

ソフトバンクが始める、スマホ向け大容量データプランの値下について

まとめてみました。

 


今回ソフトバンクが始める、スマホ向け大容量データプランの値下は

20ギガバイトは現在の半額以下となる月6000円に引き下げるようです。

 

スマホゲームや動画など大容量コンテンツが増えるなか、通信量を気にしながらスマホを利用しているユーザーも多いと思います。
そんな中、ソフトバンクは、スマホ向け大容量データプランの値下を発表しました。

内容は、

20ギガは

月1万6000円⇒

月6000円に値下げ!

 

30ギガは

月2万2500円⇒

月8000円に値下げ!

 

9月13日から順次提供を始めるもよう。

これまでの個人向けデータ定額プランは、
5ギガ以下のプランは料金を据え置いたまま存続させる方針。

8ギガ以上は新規申し込み受付を

終了する見通しとなります。

そして、

20ギガと30ギガ

「ギガモンスター」として

新設する形をとります。

 

個人向けデータ定額プランそれぞれの金額は、

 

1ギガ、月2900円

2ギガ、月3500円

5ギガ、月5000円

20ギガ、月6000円

30ギガ、月8000円

 

の5つのコースとなり、これに通話定額かけ放題の場合は
基本料2700円とメール使用料300円がかかります。

 

アップルの最新型スマホ

iPhone(アイフォーン)7

の発売を前に、ソフトバンクは一気に思い切った手法で値下げに踏み切りました。

ちなみに、他社の

20ギガのデータ定額プランの料金については

NTTdocomoは、

1万6000円

KDDIauは、

1万6800円

(auは13ギガプランに5ギガ追加)

となっています。

料金だけをみればソフトバンクの1人勝ちになります。

NTTdocomo

   と

KDDIau

は追随するのか!

注目が集まるところです。