m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

台風18号風速は?日本への接近はいつ?上陸するのか?

フィリピンの東に発生した大型で非常に強い台風18号は、沖縄県の南大東島の東の海上を北上していて、勢力を増しながら10月4日夜には大東島地方に接近すると予想されています。

日本への上陸、通過時期は?

台風18号は、10月2日から3日にかけては沖縄地方に、10月4日以降は西日本から東日本に最も接近する模様で上陸のおそれもあります。沖縄本島地方では、10月2日から3日にかけて大荒れとなり警戒が必要。また、大東島地方や沖縄本島地方の沿岸には大きなうねりが届く見通しで、大しけとなるおそれもあり十分な警戒が必要です。台風18号、来週には西日本、東日本に最接近、上陸の恐れもあり、台風接近前から大雨にも十分な警戒が必要です。

日本への進路と風速は?

 

<10月1日 9時 /フィリピンの東>
中心付近の最大風速//30メートル
最大瞬間風速     40メートル

<10月1日/21時//フィリピンの東>
中心付近の最大風速//30メートル
最大瞬間風速    45メートル

<10月2日/21時 /沖縄の南> 
中心付近の最大風速//35メートル
最大瞬間風速     50メートル

<10月3日/21時/奄美群/奄美群島近海島近海>
中心付近の最大風速 //45メートル
最大瞬間風速              60メートル

f:id:mro74277:20160930231450p:plain

<10月4日/7時/南大東島の東南東約190km>
中心付近の最大風速//50メートル
最大瞬間風速    70メートル

台風18号は非常強い勢力で4日ごろから東へ向きを変え、5日にかけて西日本や東日本に最接近または上陸するおそれがあります。

f:id:mro74277:20160930232508p:plain

また熱帯低気圧や温帯低気圧に変わっても、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。各地の気象台では、大雨や強風、高波などに関する警報や注意報、気象情報等を発表して警戒や注意を呼びかけていますので、最新の情報に留意してください。