m-a-p-s.biz.ニュース

あらゆるジャンルのニュース情報を紹介

テントさんの顔写真とプロフィール

お笑いタレントのテントさん。テントさんは放送メディアにめったに出演しない姿勢から、未確認生物になぞらえ、「お笑い界のツチノコ[または「ツチノコ芸人[と評されたほか、先鋭的な芸風から、師匠の上岡龍太郎さんに「出てくるのが10年早かった」と言わしめたり、「21世紀型芸人」と形容されたりしました。 

テントさんの写真とプロフィール

 

 

f:id:mro74277:20160928073323p:plain

【本名】 三浦 得生(みうら とくお)
【生年月日】 1951年5月16日(65歳)
【出身地】  大阪府八尾市
【師匠】 川上のぼる・上岡龍太郎
【事務所】 吉本興業
【活動開始時期】 1974年~
【受賞歴】
1981年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
(「大空テント・幸つくる」として)

来歴

 

大阪府八尾市出身。生家はテント商を営む。近畿大学附属高等学校卒業後の1970年、川上のぼるに入門。その後1973年に松竹芸能の漫才教室に入ります。1974年11月11日11時11分、新世界の新花月で初舞台。旧芸名は大空 テント(おおぞら テント)。その後家業の手伝いなどを経て、上岡龍太郎に弟子入りし、漫才コンビ星空まあちと「テント・シート」を結成するも解散。その後の1981年、幸つくると「大空テント・幸つくる」を結成。同年1981年の第12回NHK上方漫才コンテストで優秀賞を受賞し、一躍脚光を浴びましたが、数年後にテント・つくるは解散。ヤマトと「ざっと31」を結成するも解散、その後ピン芸人として活動を始めます。テントさんの漫談は1990年代の終わりごろから口コミで話題になり、「テントさんの芸が面白い」というよりも「テントさんが芸をしているところが面白い」といい、カルトな人気を持つに至りました。「中島らも」「やみうらじゅん」らから高く評価され、彼らの主催のライブに出演したほか、一時期、小ホールなどで行なう彼のライヴのチケットは即完売し、手に入りにくいという状況にまでなりました。また、このころから、回数は少ないながらテレビ番組に出演し、芸を披露するようになります。晩年は東京・新宿にある吉本興業の劇場「ルミネtheよしもと」に出演、ネタコーナー「7じ9じ」のトリを務めたり、ワッハホールにて「得別奇角」と題するイベントを定期的に開催したりしました。2016年9月27日19時50分頃、大阪市天王寺区の地下鉄谷町九丁目駅上の横断歩道を横断中に乗用車に撥ねられ頭を強くうち、搬送先の病院で死亡が確認されました。65歳でした。

芸風

とぼけた淡々とした調子で、合間にギャグをはさむ漫談を行い、最後に「人間パチンコ」のような珍芸を披露したりしてました。テントさんの漫談は短いネタを唐突に次々と繰り出す形式であり、決まってボヤキを入れて落とします。年末には決まって、忠臣蔵を題材にした長編漫談を演じていました。

人物・エピソード

本人はあまり積極的に営業をかけるほうではなかったといいます。一時期は週休6日の状態(週に1日だけ働いて、残りの6日はオフ)だったこともあるといいます。上岡龍太郎さんが語ったところによると、テントさんが確定申告をしに税務署へ行ったところ、収入が48万円しかなかったため、係員に「ここに来るよりも民生委員のところに行きなさい」と言われたといいます。昔の寄席芸人についてかなり深い知識を持ち、師匠・上岡龍太郎さんが長年DJを務めていた『歌って笑ってドンドコドン』にゲスト出演したときには、芸歴でははるかに長い上岡龍太郎さん自身でも覚えていないような芸人の名や、その芸人の持つエピソードを語りました。1990年ごろに一般女性と結婚をしましたが、別居を経て、2014年に離婚。結婚のきっかけは、テントさんが東京での仕事の際に共通の知人を通じて一般女性の家に宿泊させてもらい、御礼の手紙を書き文通による交際が始まったのがきっかけと言われています。当時テントさんが書いて送っていたラブレターの内容が、ところどころに自分の持ちギャグを入れたり、意味なく色を塗るなど、おおよそ普通の大人が書くものとは思えないような内容のものであったといいます。結婚当時の夫婦生活に密着した映像が『鶴瓶&なるみのほんまか』(関西テレビ)などで紹介されましたが、その実態は「1日中家で遊び呆けている夫を、妻がアクセサリー加工の内職をしながら世話をすることに終始する」というものであり、取材VTRを見た番組の出演者に「一度も家の外に出ない密着取材VTRを観たのは初めてだ」と言わしめるほどの内容であったと言います。単独ライブ「テントひとりぼっち」で引退直前の上岡龍太郎さんがゲストで登場した時、2代目上岡龍太郎として芸名を譲ると言われましたが、「サインで書きにくい」という理由で丁重にお断りしたそうです。その舞台では、師匠と弟子が並んで「大股開き歩き」で退場という、二度と見られない貴重なシーンが展開されました。中学時代、自分の自慰行為に悩む姿を書き連ねた日記をつけており、後年パペポシアター(『鶴瓶上岡パペポTV』のイベント企画)で師匠の上岡龍太郎さんにその内容を暴露されました。この様子は後日カセットテープで発売された「パペポTV カセットBOOK」に収録されています。明石家さんまさんが好んでモノマネをするとのこと。